22日の日曜日、ハミングホール小ホールで開催された薬物乱用防止イベント「Stop the Drug」に行ってきました。今回で第7回を数えるイベントです。ダンスや歌に市内外から多くの若い人が参加し、薬物乱用防止の啓発を行うイベントです。小さな子供たちのかわいらしいダンスから本格的なヒップホップのダンス、会場全体を盛り上げるMCや歌など多彩な催しとなっていました。

 公明新聞:2014年12月13日(土)付では、危険ドラッグ対策に関する党の活動が紹介されていました。

(以下記事より)

大麻や覚せい剤に似た作用を引き起こす「危険ドラッグ」が原因とみられる事件、事故が大きな社会問題になっています。早急な対策が求められる中、公明党は党の薬物対策プロジェクトチーム(PT)や青年委員会を中心に危険ドラッグの撲滅にいち早く取り組んできました。

先の国会では危険ドラッグの規制を強化する改正薬事法の制定を公明党がリード。販売停止命令を指定薬物と同等以上に毒性があると思われる物品に拡大し、インターネットを含む販売や広告の規制・罰則を強化しました。

水際対策も前進しています。危険ドラッグの原料となる指定薬物の大半は海外からの輸入です。そのため、財務省は11月27日、指定薬物が違法に輸入された場合、税関で没収・廃棄できるようにする方針を示しました。これは、公明党が、国会質問で指定薬物を税関で没収できない現状を指摘し、「指定薬物を輸入禁制品として扱い、没収すべき」と訴えたことが反映されたものです。

64ab3d7d57dc198adf32

PAGE TOP