第2回となる東大和市の「ビブリオバトル」が、東大和市中央図書館で開催されました。
今回のビブリオバトルは、テーマが与えられていました。「歴史」です。参加者は、市内に住む中学生と高校生。8組9名が「バトラー」として登壇し、一押しの〝歴史″本の面白さを熱弁していました。「歴史」とひとくくりにしても、登壇するバトラーによってその解釈は様々。歴史を「未来」にまで広げて、未来世界を描いた作品や、中世に主人公が転生するというファンタジー、郷土の偉人を取り上げた作品や、室町時代の法制についてなど多種多様で、どの作品もバトラーのプレゼンも大変興味深いものでした。
チャンプ本に選ばれたのは、市立第5中学校の生徒が取り上げた『七十歳死亡法案、可決』でした!