本日は、公明党東大和市議団で、小平市にこの度設立された日中サービス支援型グループホーム「やえざくら」を見学させていただきました。

日中サービス支援型グループホームとは、「障害者の重度化・高齢化に対応するために創設された共同生活援助の新たな類型であり、短期入所を併設し地域で生活する障害者の緊急一時的な宿泊の場を提供することとしており、施設等からの地域移行の促進及び地域生活の継続等、地域生活支援の中核的な役割を担うことが期待される。」(『東京都福祉保健局―心身障がい者福祉センター』の資料より)とされており、この施設は、多摩地域では初めて設立されるものです。

正式な事業のスタート前であり、個室や浴室等施設の細かい部分までご説明いただきました。

東大和市からも利用希望が来ているそうです。

これから、介護していく親の世代の高齢化に伴い、利用者の方々に対しいかに充実した住まいや活動場所を提供できるかが大きな課題になってきます。事業者の方は、近隣の方のご理解もいただきながら使命感を持って取り組んでおられるご様子でした。

PAGE TOP