本日は、市内学校のコロナ対応やGIGAスクールへの取り組みを含めて、現時点の学校現場の様子を伺いに、第三中学校、第二中学校、第二小学校へ会派の東口議員、荒幡議員、中間議員とそれぞれ訪問させていただきました。
各校において校長先生と面談させていただき、コロナ対策でどのような取り組みをされているのか、目下の課題はどのようなものか、GIGAスクール構想を実施する中での課題等について、率直な現場の声を聴かせていただきました。
三密を避ける意味で人数を含めたクラスのあり方として人数を変えたほうがいいのではないか、衛生面での対応として消毒のあり方、コロナ禍での教職員の方々の業務が増えてきていること、カリキュラムを年度内で終えるために校内行事を中止した影響など様々な点についてご教示いただきました。
衛生面での対応では、各学校ごとに独自のやり方をされておられ、手洗いをする際に距離を取るための目印を廊下に作ったり、小学校では六年生が手洗いのやり方のポスターを作成して手洗い場に掲示したり、第二保健室を設置し怪我をした時の対応専用にしたりと、様々な工夫や取り組みをされていました。
収束が不透明な中、校長先生を中心として懸命に児童生徒の育成に力を尽くしておられました。また、子どもたちも現況を理解し、積極的に衛生に努め、我慢しなければならない部分については忍耐強く対応している様子も伺いました。
一日も早く、元の学校生活が送れるような状況になることを願わずにはいられません。私たちとしても少しでも現場の役に立つような施策展開ができるよう、今後とも努力してまいりたいと思います。

PAGE TOP