今年は、東大和市が市制に移行し50年の佳節を迎えます。本日午前中、ハミングホール大ホールにて、「東大和市市政50周年記念式典」(同時挙行 第43回市政功労者表彰式)が挙行されました。コロナ対策を十分にとったうえで、久し振りの市の公式行事の開催でした。
式典には、小池百合子都知事も来賓として来られご挨拶いただきました。
市政50周年の記念事業として、「東大和市子どもと大人のやくそく」(東大和市子ども・子育て憲章)と「東大和市健幸都市宣言」が発表され、記念映像も披露されました。
(動画は東大和市公式動画チャンネルで公開されています。
子ども・子育て憲章=https://www.youtube.com/watch?v=TmvEBp3NZNE
健幸都市宣言=https://www.youtube.com/watch?v=B178pVm3pK4)

この50年間、市の発展に尽くされた全ての市民の皆様への感謝と敬意を表し、次の50年へ向けて、今いる私たちが次世代へ素晴らしい街を残していけるように努力していくことを決意したいと思います。
市政功労者表彰では、市の各事業に功績のあった方々が表彰されましたが、その中にはスポーツやダンスの分野で世界で活躍した小学生から高校生の市民もいらっしゃいました。
東大和市の未来を照らす明るい希望を感じる市政功労者表彰でした。

PAGE TOP