本日午後、東大和市役所にて、東大和市とコカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社との地域活性化包括連携協定及び関連協定の締結式が執り行われました。
これは、市とコカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社が、地域の活性化・市民サービスの向上を図るため、次の連携事項において相互に連携協力していくことになったものです。

1.産業振興に関すること
2.地域の暮らしの安全・安心・災害対策に関すること
3.スポーツ・健康増進に関すること
4.環境対策に関すること
5.青少年の育成に関すること
6.高齢者支援に関すること
7.その他地域社会の活性化及び市民サービスの向上に関すること

このうち、2.に関する災害対策の取り組みとして災害時における飲料水の提供等に関する協定、そして4.に関する取り組みとしてペットボトルの処理に係る協定を締結しました。
具体的には、災害備蓄用飲料の提供や災害対応型自動販売機の設置を進め、災害時の飲料水を確保していきます。また、市役所1階入り口ホールにペットボトル自動回収機を設置いたします。
このペットボトル自動回収については、先般、セブン-イレブン・ジャパンと事業化した回収事業と同じスキームを使い、東大和市清掃事業共同組合のご協力の下、ペットボトルを回収し「Pet to Pet」を進め、資源のリサイクルを推進していきます。
この回収機では、セブンイレブンでの店頭回収と同様にnanacoポイントがたまるようになっています。

今回の取り組みは、コカ・コーラ ボトラーズジャパン株式会社としても日本初の取り組みとのことです。
他自治体に先駆けた先進的な取り組みとして、これから大きく注目されていくと思います。

PAGE TOP