〈児童ひとりひとりにタブレット端末を貸与!〉

昨年、コロナ禍を受け、東大和市でもGIGAスクール構想が大きく前進しました。昨年度中の予算で市内小中学校の児童生徒ひとりひとりに、タブレット端末を貸与できるよう整備する予算が計上され、実施に向けて教育委員会と学校が連携して準備を進めていました。
新年度になり、端末の稼働ができるようになりました。我が家の娘二人も、学校からタブレット端末を貸与され、GWに自宅の利用環境の確認の意味もあって、持ち帰ってきました。

多少、親の方で教えることがあるかと思いきや、起ち上げからローマ字での入力、検索等、何の支障もなく使いこなせています。これまでも学校でパソコンの授業があったので、基本的な動作については、親の出る幕がありません。(ローマ字入力くらいなら、「ここがホームポジションで、どの指がどのキーを押すようになっていて…」など教えらると思っていましたが、小学生にして当たり前に使えるので、20世紀の子どもとは大違いです)

タブレット端末を、適切かつ有効に活用して大きな学習効果が得られるよう、さらなる進展がなされるように、これからも議会人としてお手伝いできればと思います。

PAGE TOP