平成27年第1回定例会における総務委員会が開かれました。7月1日になされた安全保障についての閣議決定に関する陳情審査でした。昨年にも同様趣旨の陳情審査がなされたため、その時と同様に公明党の立場から、これまでの政府の憲法解釈との論理的整合性と法的安定性が保たれていると判断されることから閣議決定の撤回についてはその必要性はないと主張させていただきました。委員会の結論としては陳情については不採択と決しました。

PAGE TOP