皆さまからいただいたご要望について、先輩議員のアドヴァイスを受けて、市役所へ伺いました。ひとつひとつが勉強です。

今日は阪神淡路大震災から16年目。大学卒業を控えた時期でした。同じゼミの同級生に関西出身がいて、実家のことを大変心配していた様子が思い出されます。犠牲になられた方々のご冥福をお祈りすると共に、あのような大きな被害が出ないようにする「生命を守る」政治を心していかなければなりません。当時の村山内閣の後手に回った救助対策のまずさが強く印象に残っています。

公明党は率先して、学校の耐震化などにも全力で取り組んできました。今後とも安全安心の生活を築く努力をしてまいります。

今日は、長年市内にお住まいの方のお話をじっくり聞かせていただくことが出来、大変勉強になりました。ありがとうございました。

コメント一覧

  1. 早速ありがとうございます。安心・安全の街づくりに期待しております!

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。