本日午後、武蔵村山市民会館にて、東大和市・武蔵村山市・東大和警察署が主催をした「暴力団排除キャンペーン」に参加いたしました。
これは、両市が今年1月1日より暴力団排除条例を制定したことから、東京都の後援を得て、実施したものです。

覚書に調印

覚書を締結

会では、両市並びに東大和警察署の間で、「暴力団排除活動の推進に関する覚書」が締結をされました。

また、「暴力団追放運動推進都民センター」の代表理事の方の講演があり、続いて、東京都青少年・治安対策本部と劇団「夜想会」による暴力団排除に関する寸劇がありました。

東京都暴力団排除条例の基本理念として、「暴力団追放三ない運動+1」の実践が掲げられていて、「暴力団と交際しない」「暴力団を恐れない」「暴力団に金を出さない」「暴力団を利用しない」の4項目が紹介されていました。

暴力団の抗争に一般市民も巻き込まれるような事件もありました。この活動が、市民が安心して暮らせる地域にするためには欠かせないものであることをあらためて実感いたしました。

以下の電話は相談窓口として利用できます。

警視庁暴力ホットライン
        03-3580-2222

(公財)暴力団追放運動推進都民センター
       0120-893-240
       http://boutsui-tokyo.com/

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。