本日午後に行われたみのり福祉園の納涼祭へ娘を連れてお邪魔しました。

近所の方も多数お見えになっている様子で、屋台も出て和やかな雰囲気でした。福祉園の方も皆さん楽しんでいらっしゃり、可愛らしい浴衣を着て参加されている方も何人もいらっしゃいました。娘も、ラテンバンドの演奏を食い入るように見ていて、手拍子などして楽しんでいました。

場内で思いがけず、昔の同僚に会いました。その元同僚は、東大和市在住ではないのですが、市のボランティア「青年ビートクラブ」のスタッフとして長年活動をされていたようです。今は活動はされていないようですが、会社にいた頃は、そのような話を聞いたことがありませんでしたので、大変に驚きました。そのときの友達がたくさんいるので、今日の納涼祭に来たそうです。

プライベートの時間でボランティア活動を続けるのというのは、なかなか出来ないことだと思います。それを、当たり前のようにしてやってきたことにあらためて尊敬の思いを抱きました。その元同僚、この秋に第二子が誕生するそうです。どうか体に気をつけて、無事出産されますようお祈り申し上げます。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。