平成23年度市議会第4回定例会の最終日でした。 今日は、条例に関する審議並びに提出された意見書に関する審議がなされました。条例については、市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例、市の墓地等の経営許可等に関する条例、市街づくり条例の一部を改正する条例、公明党の中間議員・東口議員からの提出による市空き家等の適正管理に関する条例が審議されました。前3条例に関しては可決、空き家等の関する条例は総務委員会への付託となりました。 また4つ出された意見書についてはいずれも採択されませんでした。 その後、閉会中の継続審査と議員派遣について報告・承認され散会。終了後、一部事務組合議会等派遣議員報告会が行われ、日程のすべてが終了しました。 5月に議会に送っていただいてから、3回の議会を経ました。まだ慣れないところは多々ありますし、同僚議員にも迷惑をかけることもあります。今後、これまでの反省点を踏まえながら、まずは年度末の3月の定例会へ向けて研鑽を積んでまいりたいと思います。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。