昨日16日、日中は平成24年度予算の概要説明がありました。特に目を引いたのは観光推進事業費に大幅増でした。市議会公明党は以前より市の観光事業効果を訴えておりました。是非、価値的に予算を使って大きな成果が上がってほしいと念じています。その後、議員全員協議会があり、第5期東大和市介護保険事業計画(案)ならびに第2次東大和市障害者計画・第3期東大和市障害福祉計画(案)の説明が行われました。今後の市の介護保険事業と障害福祉事業の方向性が示されました。

夜の19時からは、市役所会議棟で東大和市防災モデル地区事業の第2回ワークショップが開催されました。これには公明党市議団5名全員で見学をさせていただきました。先月26日の第1回に続き、第2回は避難所運営について、「避難所運営ゲーム(HUG)」を通して疑似体験をするものでした。4班に分かれての議論では、同じ課題でも班ごとまた班内の人ごとに様々なアイデアや意見があり、大変参考になりました。これらのワークショップを、是非今後の防災計画に生かしていきたいと考えます。

HUGで避難所運営を疑似体験

 

 

 

 

 

 

 

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。