講演会の模様

東日本大震災が発生してから、今日で1年となりました。犠牲になられた皆様に衷心より哀悼の意を表するとともに、被災をされ今なお苦しい状況の中で復興へ向けて努力をされている全ての被災者の皆様に心からのお見舞いを申し上げます。

今日は、朝に東大和市議会に所属する議員の参集訓練が行われました。防災服で自宅から歩いて市役所に向かい、かかる時間と来る道での留意点などが確認されました。
午前10時からは、中央公民館で開催された防災講演会「立川断層は活動するのか?」 に参加をいたしました。山崎晴雄氏(首都大学東京大学院教授)をお迎えして、そもそも活断層は何かと言ったことから始まり、地震発生確率の求め方や立川断層の特徴、今後予想される地震について、また、地震時の災害で最も気をつけるのは火事であることなど、様々に専門家の立場から教えていただきました。

あの震災の恐怖を忘れずに教訓とし、犠牲者と被災者の皆様に寄り添いながら共に心新たにして歩みを開始する毎年の3.11にしてまいりたいと思います。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。