産業まつり


0 コメント

2日間にわたって、「東やまと産業まつり」が開催されます。今日(5日)はオープニングの式典に参加し、その後、各店舗や催しものを拝見しました。交流都市の旧山都町からも参加されていて、高校生が作ったお米や特産品を販売されていました。
農業部門の敷地には、恒例の「宝船」が2艘飾られていて、式典終了後に家族が来たので一緒に見に行きましたが、もうすぐ2歳になる娘が感心してにこにこしながら見上げていました。関係者の方がこの「産業まつり」を目標に頑張ってこられた様子も伺うことができ、こうした「まつり」が励みになっていることを感じました。
あわせて、公民館では「オータムフェスティバル」が開かれて、高校生などの若い世代の各グループが歌やダンスを披露していました。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。